ようこそ ルノー メガーヌ R.S.

Alfa GTとお別れして、数日後、新しい相棒がやって来ました

ルノー メガーヌ R.S.(ルノー スポール)

2011年製の3代目ファーストモデルです
アルファロメオ155以来の左ハンドル MT
Alfa GTに乗り換えた時には「もう3ペダルのクルマに乗ることはないんだろうなぁ…」と、ちょっと寂しく思っておりましたが、なんの、なんの、また乗れることになりましたよ(笑)

MTはあこがれの(笑)6速
GTでは、特に高速なんかではホントに6速が欲しい~っ!!と思ってましたんで、単純にうれしいですね

でも、なぜルノー? なぜメガーヌ R.S.?

155、GTときたら、当然ジュリアかジュリエッタでないの?と思われますが….
クーペが欲しかったんですよ
ジュリア クーペが出てたらかなり迷ったかも知れません(まあ、価格によりますが(笑))
またはGTVっていう手もあったかもしれませんが、もうクラシックの域に入ってますので、もう少し新しめの物をと

でですね、実は随分前から何となく気にはなっていたんですよ
メガーヌ R.S.

もう5,6年前になりますか、まだ野田にGTで通勤していたころ、外環美郷ICを降りたところで、やけに後ろ姿がグラマラスな黄色いクルマを見かけたんです
その姿が焼き付いておりましてですね、その時はエンブレムからルノーだということは判りましたが、車種・グレードは知りませんでした
ネットで調べてみて、メガーヌのスポーツモデルだと
なんか、イイなぁ、と心のどこかに引っ掛かっておりましたとさ

そうこうするうちに、GTもいろいろヤレてきて、走行距離も18万kmを超えた頃、次のクルマを探そうかと思ったときに、あの後ろ姿がムクムクを湧き上がってきたわけです

このお尻です
これにヤラれたんです(笑)

いろいろ調べると….

なんと、2011年にニュルブルクリンクのFF市販車でのコースレコードを打ち立てたというではありませんか!!
タイムは8分7秒97
これは、スカイライン GT-RのR32とR33のちょうど間のタイム
これって、6気筒3L 4WDのマシンでっせ
こちらとら、4気筒2L FF
しかも驚いたのは、このタイムを出した車両はほぼどノマールで、タイヤを19インチに換えて、サスペンション調整をちょこっとしただけとのこと!

普通、市販車といえどニュルでタイムアタックをするとなれば、それなりにサスペンションチューニングもするし、エンジンもいじってくるのが常識
それがノーマルのままなんて….

これが決定打になりました

ちなみに、その後、ニュルFF車最速の座をシビック Type-Rと取って取られてを繰り広げることになります

GTが19万kmを超えたのきっかけに、本格的に捜索開始
メガーヌは現在四代目で5ドア
ということで、必然的に候補から消えます
メガーヌ3で、フェイスリフト後の顔より、リフト前の方が好み
で、どうせなら左ハンドル!

となると、2011~2012年のファーストモデルになります

で、縁あってやってきたのがこの娘でした

 

純正の19インチホイール
でもホントは18インチの方がカッコ良く見えるかなぁ、なんて思ったりして

今回は、この娘との馴れ初めということで(笑)

次回、初乗りインプレッション!!

 

 

コメント