Alfaromeo Day 2019

久しぶりに行ってまいりました!

年に一度のアルフェスタのお祭り、Alfaromeo Day
毎年、GW明けのこの季節に長野の富士見パノラマリゾートで開催されています
全国から超旧車から最新モデルまでいろんなアルファロメオが集結します

がっつり本気で参加するのであれば、前乗りで前夜祭からというのもありますが、基本的には当日に見学(会場にクルマを乗り入れるのでなく、体だけ参加 笑)させてもらってます

前日まで何となくグズついた天気だったけれども、当日は快晴!
前日からのイベントということもあり、当日は9:00~14:00と前倒しな感じの開催時間なので、8時過ぎには出発

中央高速も快調!渋滞なし!!
すんなり到着です

まずは懐かしの155!かつての愛車です

まだまだ生き残ってますねぇ
知り合いの愛車もちらほら
でもご本人とは遭遇できず 笑

今年のクローズアップ車種はSZ/RZ
75をベースにザガートがデザイン
かなり目立つ(カッコイイ!!)ちょっとほかにはない、ボディデザイン
3リッターV6を縦置きにして、トランスアスクル、インボードリアブレーキという見えないところも特徴的

いつ見ても色褪せないデザイン
30年前のデビューなんて信じられない

レーシングSZも来てました
トランスアクスルのおかげで、何も調整せずに前後重量配分がほぼ50:50になっているとのことで、リアにトラクションがかけやすいそう
縦置きのV6は迫力あります 笑

156がずら~り

日本で一番売れたアルファだもんなぁ

4Cもずら~り 笑

4Cって意外に売れてるのね、とビックリ
まあ、ロータス・エリーゼよりは売れてるのかもね 笑
会場入りする直前に、4C軍団とすれ違ったのですが、なかなかの迫力でありました

こんな珍しい旧車も

2000ベルリーナ!
昭和30年代のクルマが現役です
すごいなぁ

もちろん、こちらもおりましたよ

段付きジュリア!
GTスプリントですね

写真撮り忘れてしまいましたが、ジュリアは1300スーパーもいました
「醜いジュリア」なんて揶揄されたそうですが、カワイイと思います

そして、我らがGTもずら~り 笑

その中に、イタ車の痛車がおりました 笑い

「艦これ」バージョンですね
意外に馴染んでます 笑

全体にゆる~い感じでまったり開催されてます
何年か前は、同日程でフレンチブルー・ミーティングも開催されていて、その日は諏訪周辺はそりゃあもうラテン車だらけでしたが、近年はFBMは秋に開催になったみたいですね
こっちも行ってみたい 笑

お腹もへったということで、お昼過ぎに早めに会場を離れて、諏訪南IC近くの洋食屋さんへ

看板の主張が強い 笑

地元の人にも人気のようで、ひっきりなしにお客がやって来ます
こういうお店にハズレなし!

ハンバーグランチをいただきました

信州牛のハンバーグで、箸ではすんなり割れないほどしっかりしてます
でも決して硬いというわけではなく、弾力がスゴイんです
ソースも美味しく、もう満足

中央道を来たなら甲府に寄ってくべぇ、とR20を走ります
イヤー田舎道なので空いている空いてる
順当に甲府に到着

とりあえず甲府駅をめざそうと走っていると、県立美術館を通り過ぎたのですがそこに「太宰治展」の看板
おお!と取って返して見てきました 笑

太宰は結婚してしばらく甲府に住んでいたそうで、結構所縁があるのですね
師匠の井伏鱒二も山梨好き(イワナ釣りでよく来ていたそうで)だし、なんだか新鮮でした

で、その奥には「文豪ストレイドックス」!? 笑

太宰 治
異能力「人間失格」

本展示の方は撮影禁止でしたが、このコーナーはOK 笑
こういうものを取り入れることができるとは、県立美術館も柔軟になったもので 笑
よいこと、よいこと

この後、出身高校の校舎や寮の跡地もグルグル回って、街の変わり様に驚きつつ、懐かしさも感じるひと時でした

GWはほとんど遊びに行かなかったので、遅ればせながらのGW気分で楽しんでまいりました

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。